これまで撮りためた3000枚の写真をまとめました!

IMG_4198館山周辺の海水浴場についてまとめました。七月の後半から九月のはじめまでが海水浴の季節です。八月後半になるとクラゲが出てくるので、泳ぐ人が少なくなってきます。ここ内房の海水浴場はとても波が穏やかで、落ち着いて泳ぎたい人に向いています。外房のほうは少々波が高いので、少し上級者向きかもしれません。

一番のにぎわいがあるのが、館山駅の向かい辺りの北条海水浴場でしょう。ここは館山湾を望むとても眺めのいいところで、天気のいい日には富士山も見えます。海岸に沿って、無料駐車場がずっと整備されています。季節以外でも、サーフボートが帆走していることや、ビーチバレーの大会があったりします。

さらに先っぽにいくと、波左間海水浴場があります。
 ◆ 写真はこちら
 □ 地図はこちら

ここは町から離れているので、海もきれいです。すぐ近くには国民休暇村館山があり、ここに泊って泳ぐこともできますし、泳いだ後に休暇村の温泉に入って帰るということもできます。ただ、無料駐車場がほとんどなく、一日千円の有料駐車場に停めるしかないことも少なくありません。無料駐車場は、休暇村の望遠鏡の丸い建物の道路を挟んで向かいに15台くらいあるほか、休暇村の玄関のまん前の道路を挟んで向かいの道路沿いの15台くらいの駐車場も実は公共無料駐車場となっています。でも、これらはすぐにいっぱいになります。

ここよりさらに先に行くと、坂田(ばんだ)海水浴場があります。ここは結構穴場的なところで、すこし小さめですが、無料駐車場もあり、海もとてもきれいです。
 ◆ 写真はこちら
 □ 地図はこちら

さらに先に行くと、駐車場や監視員はいないのですが泳げるところがところどころあります。あるところは、周りが山や岩に囲まれていて、さながらプライベートビーチのようなところもあります。小さな砂浜と、魚が泳いでいる岩場があり、海も澄んでいてきれいで、まるで常夏の島に来たような錯覚になることもあります。ただ、この辺りまでくると水温が少し低くなっているそうなので、泳ぐときはその点注意する必要があるようです。

ここへは、道路がカーブになっていて少し広くなっているところに車をとめて、山道を下ったり、TIMEOUTカフェという喫茶店のわきの道を下りて行き、漁港に車を停めさせてもらって、海岸沿いを歩いて到達することができます。

しかし、最近はマナーが悪い人がいるとのこと。せっかくのきれいな”プライベートビーチ”がゴミや焚火の後で汚れてきたという声が聞かれます。あまりひどいと、寒天をつくる天草を採っている地元の人から白い目で見られることになりますので、十分気をつけることをおすすめします。

ただいまの写真:
IMG_0311.jpg
photo by G.H.